カプコン社長が語る今後の目標:PCプラットフォームへの対応を強化し続ける

最近、カプコンの辻本晴宏社長がインタビューで、今後もPCへの対応を強化していく、デジタルゲームが販売サイクルを延ばす効果は非常に大きく、シナジーが収益拡大のカギになると語った。辻本晴宏「『バイオハザード』シリーズは、ほぼ毎年作品を準備しており、

最近、カプコンの辻本晴宏社長がインタビューで、今後もPCへの対応を強化していく、デジタルゲームが販売サイクルを延ばす効果は非常に大きく、シナジーが収益拡大のカギになると語った。

辻本晴宏氏は「『バイオハザード』シリーズは、移植版も含めてほぼ毎年作品を準備しています。たとえば、『バイオハザード ヴィレッジ』の発表時には、『バイオハザード7』との同梱版もリリースしました。 、 プロットがつながっているからです。 シリーズを販売することで、バイオハザード2リメイクとバイオハザード3リメイクの売上も伸ばしました。

カプコンの強みは、大量の新作ゲームやポートをコンスタントにリリースできることと、デジタル販売による長期的な販売力にあります。また、関連情報を発信しながら新作をリリースすることで、ブランドの浸透とユーザーの定着を図っています。そのため、デジタル販売による長期販売の利点は、時間の経過とともにますます有益になります。

辻本晴宏氏は、PC プラットフォームへの対応強化も収益に大きく貢献しているとの考えを示した。 PCユーザー層は幅広く、優位性もあり、半導体の品薄で製品供給が困難な状況下、PCユーザーのゲーム購入動向に目立った変化は見られないのが現状です。カプコンの基本戦略はマルチプラットフォーム展開で、PC対応の割合は今後さらに増加する。

前の投稿:「Forza Motorsport: Horizo​​n 5」では、クラウドでホット ホイールを体験できます。さらにホットなグッズ アクティビティがあります
次の投稿:『海賊無双4』は全世界で200万本以上を販売し、シリーズ最速のシリーズとなった
トップ