50歳以降、脳梗塞を予防するには?提案: 夕食後にこれらの 5 つのことを行い、できるだけ少なくするようにしてください。

近年、脳梗塞の問題が人々の健康生活を深刻に悩ませています。日常生活でそれを規制しないと、私たち自身の命を危険にさらすことになります。脳梗塞といえば、高齢者だけがかかる病気だと思われがちですが、近年は脳梗塞患者の若年化が進み、生活にも不便をもたらしています。脳梗塞は必ず起こるわけではありません。もし、あんたが

近年、脳梗塞の問題が人々の健康生活を深刻に悩ませています。日常生活でそれを規制しないと、私たち自身の命を危険にさらすことになります。脳梗塞といえば、高齢者だけがかかる病気だと思われがちですが、近年は脳梗塞患者の若年化が進み、生活にも不便をもたらしています。脳梗塞は必ず起こるわけではありません。毎日の食事、仕事、休息に注意を払わないと、脳梗塞の可能性も高まります。

多くの人は年をとるにつれて、血管が徐々に衰えていきます。生活習慣や生活習慣に気を配らないと、血管が傷みやすくなり、さまざまな病気を引き起こします。循環器・脳血管疾患の中でも脳梗塞は、最も恐ろしい循環器・脳血管疾患であり、患者の生命を脅かしやすい疾患です。急性脳梗塞の治療が間に合うようになれば、患者の命を救うことができます。しかし、深夜、特に深い睡眠の後は脳梗塞の発生率が高い時間帯です。脳梗塞は一度発症すると、早すぎる救援で命を落としやすい。

脳梗塞を予防したいですか?食後の5つのちょっとした習慣、すぐに直す

1.すぐに熱いシャワーを浴びる

食後は消化を助けるために血液が胃や腸に集まります。このとき、心血管および脳血管への血液供給は相対的に減少します。この時期に熱いお風呂に入ると、間違いなく体温が急激に上昇し、血管が拡張し、心拍数が増加し、血行が促進されます。重力の影響と相まって、血液は下向きになり、心血管および脳血管の虚血およびめまいを引き起こす可能性が高くなります.基礎疾患のある患者さんは血圧が大きく変動し、動脈硬化のプラークがはがれやすくなり、血管が詰まりやすくなり、脳梗塞の発症を早めます。

2.食事の直後に運動する

食後はお腹がパンパン。運動中、胃と腸が振動するため、胃と腸をつなぐ腸間膜が引っ張られ、腹痛が発生します。運動中、血液は消化管から骨格筋に迂回し、消化管に虚血を引き起こし、消化管の平滑筋のけいれんを引き起こし、腹痛を引き起こします。運動すると全身の酸素需要が増加し、運動不足の人は通常、肺活量が非常に少なくなります。このとき、喘ぎが起こり、呼吸が浅く速くなりやすくなり、胸腔内の陰圧が低下し、肝臓への血液の戻りが妨げられ、肝臓のうっ血が起こり、肝嚢の緊張が高まります、肝臓の痛みを引き起こし、身体の健康に影響を与えます。

3. 食後すぐの喫煙

ことわざにあるように、「食後のタバコは生きている妖精よりも優れている」。今日の生活では、ますます多くの若者が喫煙の悪い習慣に感染していますが、長期にわたる喫煙は健康に非常に有害です。肺の健康を害し、肺がんのリスクを誘発するだけでなく、脳梗塞のリスクも高めます。特に食後すぐの喫煙は健康にさらに悪い。これは、食後は血液循環が比較的速く、体内の一酸化炭素濃度が急激に上昇するためです。これにより、動脈の内皮細胞のミオシンが収縮し、血管が詰まり、脳梗塞を引き起こす可能性があります。

4.激しい運動

食事の後、胃は消化を促進するために大量の血液供給を必要とします。このときに激しい運動をすると、血液が四肢に再分配されます。脳への血液供給はますます少なくなります。心血管疾患があると、脳梗塞を起こしやすくなります。したがって、脳梗塞の発生を効果的に回避するために適切な運動を食後約XNUMX分後に開始する必要があるとしても、食後に激しく運動することはお勧めできません.

5、夜更かし

現代社会では、高血圧や糖尿病をはじめ、さまざまな慢性疾患に悩む人が多くいます。実際、この病気は主に喫煙や夜更かしを含む飲酒によって引き起こされます。現代人は麻雀やネットサーフィンで夜更かし、夜は残業する人が多いので、夜更かしは脳梗塞にもつながります。また、長時間夜更かしすると、血管収縮と血液粘度の上昇につながり、それによって患者の血圧が上昇する可能性があります。したがって、毎晩十分な睡眠時間を確保する必要があります。

健康を維持したいなら、この2つの「ちょっとした習慣」を身につければ、健康はいつもあなたのそばにあります

1.科学的な飲料水

適度に水を飲むことは健康的なライフスタイルです。重度の腎障害がなく、飲料水を制限する必要がない限り、一般的に適度な量の水を飲むことが推奨されます.適度な水分補給は、体の正常な代謝を維持するための基礎であり、腎臓の健康を守る重要な側面でもあります。腎臓の健康は、心臓、脳、血管の健康と密接に関係しています。腎臓が健康であれば、体からのさまざまな代謝老廃物を効果的に排泄することができます。高尿酸、糖尿病、高血圧などの慢性疾患のリスクも大幅に減少します。したがって、科学的な飲料水は、私たちの健康をある程度保護するのにも役立ちます.

2.適度に運動する

運動は体の新陳代謝を促進し、運動量を増やし、脂肪の蓄積を減らし、老化の速度を減らすことができます。運動不足と座りっぱなしの理由により、現代人の身体はあらゆる面で急速に衰えています。したがって、年齢の増加と身体機能の低下に伴い、さまざまな小さな病気が徐々に体に現れます。したがって、毎日運動することは、健康的な体格を与えるだけでなく、良好な曲線を維持し、体重増加の可能性を減らします.

いくつかの不注意な「小さな習慣」が、予期しない「驚き」をもたらす可能性があることがわかります。健康でいるためには、生活のさまざまな細部から始め、正しいメンテナンスを行うことで、健康を維持し、寿命を延ばすことができます。

前の投稿:XNUMX 歳のおじは複数の腎臓結石を持っています. 彼は XNUMX 日 XNUMX ポットのお茶を飲みます. お茶を飲むと結石が発生しますか?
次の投稿:中高年の方へのおすすめ:朝食の蒸しパンとおかゆは控えめに?低脂肪、満腹、健康の5つのものをもっと食べましょう
トップ