世界20カ国以上が「自己防衛」のための代替資源を見つけるために穀物輸出制限を導入しています

CCTVニュース:統計によると、ロシアとウクライナの紛争の勃発以来、世界20か国以上が穀物の輸出に制限を導入しており、各国は「自らを守る」ための代替資源も積極的に探しています。ロシアとウクライナからの穀物輸入に大きく依存している一部の発展途上国、主にアフリカ、アジア、中東の国々は、高い食料価格を負担することを余儀なくされているだけではありません

トップ