藻類の効率的な「炭素吸収」の原理が明らかに

科学技術日報 北京 1月23日(李楊記者) 「日本経済新聞」の報道によると、京都大学の山野隆准教授らの研究チームは、「LCIB」というタンパク質が、二酸化炭素の吸収は、水中の二酸化炭素の濃度に応じて葉緑体に見られます. 体のさまざまな部分が効率的に吸引するために働きます.

トップ