お持ち帰りで「PM2.5」

北京望京科学技術園区の門の横には、テイクアウト専用のテーブルがいくつかあります。昼夜を問わず、従業員がたくさんのテイクアウトや人混みの中で自分の店を見つけるのに、毎日最大 3 分かかることがあります。デスクに戻って、ありとあらゆるプラスチック製のお弁当箱を開けて食べる、これがオフィスビルの常識です。週末に自宅でテイクアウトを注文するのは若者の生き方です。でも

トップ