米国での感謝祭後の流行の悪化:12日あたり17万件を超える新しい診断「近江ケロン」がXNUMXの州に広がりました

海外ネットワーク、12月7日、米国のメディアは、ジョンズホプキンス大学(JHU)のデータによると、米国の何百万人もの人々が感謝祭に旅行した後、国内で12日で17を超える新しい冠状動脈性肺炎の確定症例があったことを示しましたXNUMX日間でXNUMX万件、過去XNUMXか月で新たな高値、近江ケロン変異株も広がり続けており、少なくともXNUMXの州で症例が検出されています。包括的なアメリカのメディア

トップ